橋本の整体はカイロオフィス快楽院(かいらくいん)

妊婦が腰痛(背中痛)になる理由

出産のタイミングこそ腰痛改善を!

赤ちゃんマーク娠をすると腰痛になる、または腰痛がひどくなることがあります。それは骨盤と腰椎の歪みが原因です!

妊娠をすると姿勢が変化し、背部が張ることによって腰痛が起こります。

妊娠をすると10kg前後体重が増えるので、姿勢の変化が起こります。そしてお腹が大きくなり、重心が前方に移動することによって、骨盤や腰椎が前方に傾きます。そうなると、背中の筋肉で支えてバランスをとろうとするので、絶えず背中が張った状態になり、背部痛や腰痛の原因になるのです。

元々、腰痛を持たれている方は妊娠することでもっと骨盤と腰椎が歪み、歩くのが辛い、寝るのも辛い、寝返りを打つのも辛いといった状態になることがあります。そのまま母体の骨盤位置が安定せずに胎児が育つと、逆子になったり、出産時の負担が大きくなって難産になることが多いのです。

そうならない為にも、骨盤を整えておく必要があるのです。

骨盤を整えることによって姿勢バランスが良くなり、歪みが起こりにくくなります。また、骨盤や腰椎への負担が減って背中の張りも緩みます。骨盤が安定することで胎児も安定して、一時逆子になっても最終的には正しい位置に戻ることができるのです。日ごろから骨盤が安定していれば出産はかなりスムーズになり、母体にも胎児にも負担がかからずに出産ができるようになります。

また、出産後には骨盤が少しだけ広がります。その少しのズレが正しく戻らないと、体型が崩れたり、腰痛の原因となることがあります。出産直後に骨盤の広がりを正しく戻してあげることができれば、体型を維持するだけでなく、妊娠前に腰痛があった方が改善されるようになるのです。

腰痛でお悩みの方、出産後に体型が崩れることを気にされている方は、ご相談ください。

妊婦の施術