橋本の整体はカイロオフィス快楽院(かいらくいん)

ぜん息は秋がピークです

秋は冬に向けて次第に気温が低くなり、体調を崩しやすい季節です。特に暑い夏を経験した体は、免疫力が低下しやすくなっています。そのため、気管支ぜん息などのアレルギー症状が悪化しやすい季節でもあるのです。

ぜん息はアレルギー性疾患のひとつで、アレルギーの原因物質が発症の引きがねとなります。その原因物質はダニにゆるアレルギーが最も多く、ブタクサやヨモギの花粉からくるアレルギーがその次に多いと言われています。

特にアレルギーを持っている人は骨格的に免疫力が低下しやすい体質になっているのです。

免疫力が低下している人の殆どに共通するのが骨格の歪みです。

骨格に歪みがあると神経系統に圧迫がかかります。それによって、血流の流れが弱まり栄養が十分に行き届かなくなります。そのために、アレルギーに対抗する免疫力が低下してしまうのです。

ぜん息やアレルギーを薬で抑えても、免疫力を高める体を作らなければアレルギー体質を改善することはできません。

骨格の歪みを改善することで、免疫力が高まり、アレルギー体質が改善された症例が多くあります。

自分の体質を根本的に改善したいとお考えであれば、骨格の歪みを改善されることをおススメします。