橋本の整体はカイロオフィス快楽院(かいらくいん)

四十肩・五十肩・肩コリの違い

正式名称:肩関節周囲炎

四十肩とは単に40歳くらいで五十肩と同様の症状が出た場合にそう呼ぶだけであって、四十肩と五十肩で違いはありません。中には、肩コリと四十肩・五十肩を混同される方も少なくないのですが、それは根本的に異なります。肩コリは『首から肩の筋肉の問題』で、四十肩・五十肩は『肩関節の問題』になるのです。

四十肩・五十肩の原因

肩関節を構成する骨、軟骨、靱帯じんたいけんなどが老化して肩関節の周囲組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。正式名は肩関節周囲炎(=けんかんせつしゅういえん)といいます。この炎症が起こる部位は、肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包けんぽうかかつえきほう)、関節を包む袋(関節包)、肩の筋肉が上腕骨頭じょうわんこつとうに付くところ(腱板)、腕の筋肉が肩甲骨に付くところ(上腕二頭筋長頭腱じょうわんにとうきんちょうとうけん)などがあります。肩峰下滑液包や関節包が癒着ゆちゃくすると、さらに肩の動きが悪くなり、関節拘縮または凍結(癒着性関節包炎)によって痛みが出ます。

肩が痛くて動かないのは、肩関節が前方に固まってしまって動かない場合と、肩甲骨が腕を上げた時に、スムーズに外側に動かなくなる場合の2種類です。
症状は、肩から二の腕に掛けて痛みを感じます。痛みの為に衣服の着脱ができない、ネクタイも結べない、ボタンが留められない、など様々な症状が現われます。
医学的に四十肩・五十肩に何故なるのか?はいまだ解明されていません。しかし、四十肩・五十肩は運動療法が大切と言われています。痛いからといって、動かさないでいると益々、肩関節が硬くなって、治りが遅くなるのです。

当院では我慢できる範囲の痛みの所で肩を動かすようにし、体内から栄養を摂取することをすすめています。

四十肩・五十肩でお困りの際は、ご相談ください。