橋本の整体はカイロオフィス快楽院(かいらくいん)

『めまい』にはいくつかタイプがある

日頃から、急にクラっときたり、めまいに悩まされている方がいます。
「めまい」と一言でいっても、実は3つのタイプに分けられるのです。
一つ目は回転性のめまいです。これは自分自身、あるいは周りがぐるぐる回っているように感じられる症状のことです。吐き気や難聴を伴うことがあり、耳の異常や脳の異常によって起こるといわれています。
二つ目は、浮動性のめまいです。症状としては、体がふわふわした感覚になり、まっすぐ歩いたり、特定の姿勢を保つことが難しくなります。頭痛が起きたり、手足のしびれが発生することもあります。
三つ目は立ちくらみに近いめまいです。立ち上がったときにクラっとしたり、目の前が暗くなることもあります。これについては、血圧に何かしらの異常があるものと考えられています。

めまいの原因

『耳』・・・回転性のめまいは、耳の異常によって引き起こされます。 内耳(ないじ)にある耳石(じせき)が剥がれて三半規管に入ったり、内耳にあるリンパ(液体)が増えすぎたり、耳の中にある神経に炎症が起こっていることが原因となっています。

『脳』・・・脳梗塞や脳出血が起きると、脳に十分な血液が運ばれなくなります。また、首から脳につながっている部分の血液が不足しても、同様に血液が運ばれなくなり、めまいが起こるのです。

「めまい」が起きたときのために心がけること

めまいが起きてしまったら、速やかに静かな場所で横になりましょう。しばらく安静にして、それでも症状がおさまらない、ひどくなるようなら早めに病院に行くようにしてください。 予防策としては、生活リズムの乱れやストレスによってめまいが起こることもあるため、日ごろの生活習慣(健康な生活と食事)を心がけるようにするとよいでしょう。既にめまいが起きている方は症状と原因を把握し、早めの対処をおすすめします。

めまいが起こらないために生活習慣を見直したい方は、当院にご相談ください。